福岡県筑紫野市杉塚 O様邸 レポート⑥~断熱材工事~

こんにちは。11月10日(火)曇り。
外観を見ても、キュウワンボードが張り終わっている様子がわかります。
今日は、外断熱材のキュウワンボードと内断熱(充填断熱)のアクアフォームの吹付工事が終わった様子をレポートしていきます。

▼サッシ(窓枠)に気密テープで隙間ができないようにしっかりと貼っています。

▼外壁の通気胴縁の形にキュウワンボードを切り取り、気密テープでしっかりと貼っています。

▼バルコニーの防水シート周りも気密テープで隙間が出来ないように固定します。

 

キュウワンボードとは
キューワンボードは経年性能に優れたノンフロン発泡の高性能硬質ウレタンボードです。
遮熱性能に優れたアルミ拍面材付で、面材はフォームを水蒸気や紫外線等から保護するほか、難燃性の向上も期待できます。また電磁波もシャットアウトします。

【参考記事】※当HP内のリンクを貼っています。
外断熱住宅の設計・施工

▼内部に入ると、アクアフォームの吹付が終わっていました。
当社の断熱工事は外断熱工法と充填断熱工法を採用しております。

▼これはコンセントボックスです。
グラスウールでは隙間ができやすいコンセントボックス周りも、充填断熱工法では隙間がなく、しっかりと断熱施工が可能となります。

▼アクアフォームのあちこちに、青い丸がついているのが分かりますか?
これは、アクアフォームの厚み(深さ)を確認するものです。抜いてみると、このように長細い先端が埋まっているのです。

ちなみに、壁の深さは80mm、屋根の深さは120mmで施工します。
今回の施工もばっちりと規定内でおさまっていたので、気密性の高い家づくりが実現できます!

本日のレポートはここまでです。
それでは、次回は気密検査のレポートをおこないますのでお楽しみに。

(Visited 8 times, 1 visits today)

コメントする