福岡県筑紫野市O様邸 現場リポート~外壁~

こんにちは。3月19日(木)晴れ。

本日の現場では外装工事が行われていました。

早速、レポートしていきます。

▼銀色の外断熱材キューワンボードを貼り、継ぎ目を専用の気密テープで塞いでいきます。
そして、キューワンボードの上から通気胴縁と呼ばれる木材を打ち込み、通気層を設けます。
木材に金具をはめ、外壁(サイディング材)を引っ掛けて取り付けることにより、釘を打ち込むことなく取り付けることが出来るので、仕上がりは綺麗になることと、施工のしやすさ、メンテナンスの向上が上がります。

▼通気胴縁の所々に切断部分があるのですが、これは横方向の通気を確保する為にあります。通気を循環させることで家の品質を保ちます。

▼銀色の金物がサイディングを引っ掛ける部分です。

▼この後、外壁のつなぎ目に隙間を埋める作業になります。
隙間なく、綺麗にコーキングされています。さすが職人技です。

外装も綺麗に仕上がり、後は残すところ僅かな工程となります。

完成がとても楽しみですね。

それでは次回のリポートをお楽しみに。

参考記事 スローライフ住宅設計の外断熱受託の設計・施工

(Visited 30 times, 1 visits today)