福岡県糸島市本 I様邸 現場レポート③

今回は糸島市の現場レポートです❕❕
▼外からパシャリ📸
Q1ボードの上に通気胴縁を施工していきます✨
通気胴縁でサイデイングと断熱材の間に通気層を設けることで、温まった熱を逃がす効果があります✨

▼開口部を気密テープで補修していきます✨
この処理がとっても重要❕❕ここでしっかり隙間をなくすことで、高気密な住宅を実現できます✨


▼アクアフォームの吹付を行っていきます。
アクアフォームとは断熱性・気密性・吸音性に優れた水で発砲する、人と環境にも優しい断熱材です👍✨
スローライフではQ1ボードによる外張り断熱とアクアフォームによる充填断熱のW断熱を採用しています✨

▼気密測定を行っていきます✨
気密測定とは、お家の隙間がどれくらい小さいのか調査するためのものです。
スローライフでは、すべての開口やスリーブ等を開けた後に測定を行っています。
高気密の住宅ということをお客様に安心していただくため、気密測定は必ず全棟行っています✨

今回はここまで❕❕
引き続きご紹介させていただきます✨

(Visited 19 times, 1 visits today)