木造住宅の構造

木は性質上、軸力は強いがせん断力に弱い。

なので梁になるべく大きな負担をかけさせない様に、壁直下率を高くする様に設計します。

ところがこの壁直下率が低い住宅が多い。

あたかも鉄筋コンクリート造や鉄骨造の建物の様に設計している設計者が多いです。

ましてや、長期優良住宅の構造も理解せずに、長期優良住宅の設計をしている設計者が大半です。

図面を見せてもらうと、1階の窓の上に2階の柱が来たりして、開いた口が塞がりません。

木構造の基本知識くらいは身につけてもらいたいものです。

お客様は何千万円というお金を支払ってローンを組むものです。

そこをよくよく考えてほしいと思います。

(Visited 19 times, 1 visits today)