全館空調

一般の住宅は間欠空調が用いられています。

間欠空調はエアコンの停止状態から再運転する際の消費電力が大きくなります。

さらに各居室でエアコンを稼働させるので、稼働させる台数分電力を消費するので、夏場や冬場の電気代が当然高くなります。

そこで、各社、様々な全館空調方式が考えられています。

24時間ずっとエアコンを稼働し続けることでエアコンに負荷を掛けない様にし、かつ、エアコン1台で家全体を冷暖房するシステムです。

全館空調には工事費に価格差があります。

全館空調で室内の温度と湿度を本当に快適にするには、全熱交換型換気設備の導入が必要だと感じます。

また、外皮の断熱性と気密性は欠かすことができません。

なので、外皮の計算と気密測定を行わずに全館空調を導入することは、博打に思えるので注意が必要です。

(Visited 20 times, 1 visits today)