構造計画

木造住宅の構造計画には許容応力度計算と壁量計算があります。

許容応力度計算とは、建物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重や短期荷重を想定して応力を算出し、それぞれ部材にかかる応力に耐えられるかを計算することです。

壁量計算とは床面積(地震力)及び、外壁の見付面積の(風圧力)に応じて必要な耐力壁を算出していきます。

木造住宅の大半は壁量計算が行われています。

ここで耐震等級1とは建築基準法上定められた数値をクリアした等級です。

耐震等級2が耐震等級1の1.25倍。

耐震等級3が耐震等級1の1.5倍となります。

ところが、等級1の1.25倍や1.5倍の耐力壁を確保するだけでは、等級2や等級3にはなりません。

耐力壁線配置と水平構面配置が必要です。

この2点が良く分かっていない設計者が多く、意匠設計段階で同時に考慮しておかないと、後付けで構造計算すると耐力壁が不足したり、場合によっては意匠設計も成立しない可能性も出てきます。

お客様の家を設計している建築士は根拠のない「大丈夫です」という一言だけでなく理論的に構造を説明出来ますか?

(Visited 17 times, 1 visits today)