宗像市日の里Y様邸 現場レポート② ~基礎・上棟~

今回は宗像市日の里の現場レポートをさせていただきます❕❕ ✨

▼基礎配筋が組まれています。
配筋の下にはターミダンシートが隙間なく敷き詰められています✨
このターミダンシートは、嫌な湿気・こわいシロアリを防ぐ大事な役割を果たします❕❕
人体への安全性が高く環境にも優しいです(^^)

▼配筋検査が行われました❕
配筋検査とは、コンクリートを用いる建造物の工事において、
鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認するための検査です✨
 

▼いよいよ上棟の日です✨
前日までに足場は組まれています。

▼お施主様が到着されました✨
建物の四方をお施主様と棟梁でお清めしていただきます。
 

▼クレーン車が到着しました❕
 

▼大工さんと連携しながら、手際よく木材を運んでいきます✨
 

▼1階の柱を立てていきます。
 

▼梁を組んでいきます。
 

▼床下地板を敷いていきます。
 

▼2階の柱を立てていきます。
 

▼梁を組んでいきます。
 

▼仮の筋交いを組んでいきます。午前の作業はここまで❕
 

▼お施主様がお昼を用意してくださいました✨
午後からの作業の英気を養います❕
 

▼午後の作業スタートです✨
小屋裏の柱を立てていきます。
 

▼母屋を組んでいきます。一番高い位置の棟木が組まれ、上棟完了です✨
 

▼かすがい(コの字の金物)で固定していきます。
 

▼垂木を固定し、キューワンボードを施工してから、気密テープを横→縦の順番で隙間なく貼っていきます。
この高性能な外断熱材のキューワンボードのおかげで、夏は涼しく冬は暖かい住宅が実現します✨
キューワンボードの両面には、断熱材をさらにアルミ素材でサンドしています。このアルミ素材が真夏の強烈な太陽から届く赤外線を反射し、真夏の暑い日でも熱を室内に取り込みません❕

▼通気胴縁を施工していきます。
通気胴縁で通気層を設けることで、屋根の温まった熱を逃がす効果や住宅の寿命を縮める結露を防ぎ、さらにカビやダニの発生を防ぎます✨

今回はここまで🍀
この度の上棟式、誠におめでとうございます❕
これから本格的に始まる家づくり、ぜひ楽しまれてください(^^)/

(Visited 5 times, 1 visits today)