面材耐力壁

構造面材の1つであるダイライトという商品が発売中止となり、住宅業界がザワついています。

在来軸組工法の外周部の壁に構造面材を張って耐力壁とし、筋交いをなくすことができます。

(筋交いと併用することで、さらに強い壁にすることも可能です。)

利点としては建物を強くすることはもちろんですが、筋交いを省略できることで断熱材の欠損がなくなることです。

法的には必ずしも構造面材を張らなくて良いので使用していない住宅会社はたくさんあります。

注意して欲しいのは充填断熱工法で発砲ウレタン等を吹き付ける場合です。

断熱材の外側には薄い防水シートのみで断熱材を吹き付けると、壁の通気層を潰してしまう恐れがあります。

構造面材がなくてグラスウール断熱材を標準仕様にしている住宅会社で断熱仕様を変更する場合が特に要注意です。

吹き付けの充填断熱を行う場合は外側に構造面材を入れることをおすすめします。

通気層を守ることはもちろん建物も強くなりますので。

(Visited 3 times, 1 visits today)