太陽光発電 ~その1~

日射量が多い九州地方では、太陽光発電を登載することが珍しくなくなってきています。 

ましてZEH*の普及もあって、太陽光発電を載せる人が私の経験上多くなってます。

ところが、年々売電価格が下がっているため、載せることをためらう人が多くなっているのも事実です。

最近「太陽光発電は儲かりますか?」とよく聞かれます。

私個人の考えで言うと、これからは儲かるというより、日々の電気代をまかなうと言う考えにした方がいいと思います。

原子力発電は、誰もが出来ることなら無くなった方がいいと思っています。

また、災害時に電力量が足りなくなることがあるので、なるべく原発に依存せず、自家消費電力分は自前で確保することが肝要です。

上記のことから、今はまだ高価な蓄電池を、将来付けられる様な提案も行っています。

ちなみに、ハイブリッドカーはサンデードライバーには儲かっていないケースが多いようです。

しかし、化石燃料の消費を減らし、環境に貢献しています。

太陽光発電もこの考えで良いのではないでしょうか?

ZEH*:住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅。

(Visited 2 times, 1 visits today)