高気密にする理由

ZEH*にちなんで高断熱をうたっている会社は多いのですが、高断熱と共に熱を逃がさないためにも高気密も重要です。

それと、大半の住宅会社で採用されている第三種換気(自然給気+機械排気)方式であれば尚更です。

(ちなみにスローライフは第一種換気(機械給気+機械排気)を推奨しています。)

例えば、コップの水をストローで吸う際に、穴だらけのストローでは吸い上げきれません。

気密をおろそかにしてる住宅がまさにこの状態で、建物に隙間が多ければ計画通りに換気ができません。

もう一つ高気密にする理由として、冬場の毛布を想像してみてください。

同じ毛布でも普通に掛けて寝るのと、すまきの様に丸まって寝るのとでは暖かさが違います。

高気密住宅が後者になります。

気密は測定できます。専用の機械を使うことで、家の床面積に対して、どのくらいの隙間があるのかを数値に表すことができます。

気密測定を積極的に行っている会社をおすすめします。

ZEH*:ゼロエネルギーハウスのことで、エアコンや給湯や照明等で消費するエネルギーをできるだけ抑えて、必要なエネルギーは太陽光でつくる住宅。

 

(Visited 13 times, 1 visits today)