トクラス ショールームフェア&水廻り設備で思う事

本日はトクラスさんのショールームフェアに行ってきました!

トクラスさんの売りはなんといっても
自社開発・自社成形の『人造大理石』とピアノの技術で培われた『塗装』の技術です!
トクラスさんは楽器や音響メーカーであるヤマハのブランドの中の住宅機器メーカーさんなんです✨

キッチンの扉はシートのものが一般的なのですが、
ヤマハ系列のトクラスさんでは、ピアノの塗装と同じ技術を使った塗装のキッチン扉があります。
こちらは質感がとても良いんです…!
キッチンのカウンター・シンクはどちらも人造大理石でできています。
自社で成形していることで他社の人造大理石カウンターと比較しても密度・厚みがしっかりしているのが特徴です!
初めてショールームに行かれる方は缶詰を落としたり油性マジックで汚れが落ちるかの実験をすると思いますが驚きますよ^^

トクラスさんの商品は見た目がとてもキレイなのですが、
カタログの写真では良さがわかりづらいかな…と思っています。
実際に見て見ると透明感があってとてもきれいなんですよね✨
ぜひぜひショールームに足を運んでみてくださいね^^

いろいろショールームをめぐって私が思う事なのですが、水廻りの設備機器は様々なメーカーの商品が出ています。
そこでよく聞くのが
「掃除がしやすい」「お手入れが簡単」
というフレーズなんですよね。
今や掃除がしやすいのは当たり前の時代になっているんです・・・。
なのでそこから具体的にもう一歩踏み出して具体的な理由を突き詰めて比較していく必要があると思っています。

「なぜ掃除がしやすいのか」
「どのようにお手入れが簡単なのか」
  →目地に汚れが付きにくいような造りになっている
  →カウンターが取り外せるようになっている
  →そもそも汚れに強い素材を使っている(人造大理石の中でもアクリル系・ポリエステル系等…)

理由はメーカーさん様々お持ちです。
その中でご自分の住まい方に合った方法を見つけに行くのがショールーム見学だと思っています。
それぞれのメーカーさんの「良いところ」「自分の住まい方とは合わないところ」を見つけて
住み方にあった水廻り設備を選ばれてくださいね^^

(Visited 4 times, 1 visits today)