糟屋郡新宮町 H様邸 現場レポート⑤ ~気密測定~

糟屋郡新宮の現場をレポート致します✨

今回は気密測定の様子をお伝えします!
気密測定を行う前には、窓や玄関ドアの取り付けが終わり家中の断熱材の施工を全て終わらせた状態です。
その上エアコンや換気扇の設備に必要な穴を全て空けたうえで検査します!
※設備用のに空けた穴は測定中は養生テープで塞いでおきます。

▼外側はキューワンボードで覆われています✨


一か所一か所、柱と壁の間に気密テープで隙間が無いよう施工されています!
▼内側はウレタンの断熱材をまんべんなく吹き付けています✨

▼窓のサッシの部分も気密テープを施工しています。

▼測定するのはこちらの機械です。
電気配線や、これから取り付け予定の設備機器に必要な穴も全て閉じた状態で
気密測定を行っていきます✨

一般的なお家の気密は「5.0」と言われています。
これは、床面積1㎡当たり5.0c㎡の隙間があります、という意味の数値になります。
そして今回スローライフが行った気密測定の結果は、
お客様にも喜んでいただける程の好成績を修めることができました!!
※詳しい話は当社西川まで問合せください✨

高気密でないとスローライフの提案する高性能なお家にはなりませんので、
気密に関してはかなり重要視して計画をしています。
気密測定も無事に終わって一安心、また施工レポートをしていきます!

今回はここまで
次回のレポートにお楽しみに✨

(Visited 2 times, 1 visits today)