糟屋郡新宮町 H様邸 現場レポート③ ~上棟~

糟屋郡新宮の現場をレポート致します!

基礎が終わると、いよいよ棟上げが始まります✨

▼クレーン車を使って家の柱や必要な材料を運び込みます。
 大工さんのタイミングを合わせながら材料を吊り上げて運び入れていきますよ✨
 

▼まずは1階の柱から立てていきます

 四隅の通し柱と呼ばれる1階から2階まで伸びている柱を一番初めに、
 そしてその他の柱を順々に立てていきます。

▼1階の「梁」や「胴差し」などの横架材を組み立てた後、2階の床板を設置していきます✨

▼2階の柱を立てていきます❕

大工さん達は慣れた手つきで柱に梁を繋いでいきます。

▼柱や梁を組み終わると、屋根に取り掛かります
棟木まで設置が終わると「垂木」を設置していきます


▼外断熱材「キューワンボード」を上から被せていきます✨


キューワンボードは経年性能に優れたノンフロン発泡の高性能硬質ウレタンボードです!
遮熱性能に優れたこちらのボードで家中を覆うため、まるで魔法瓶のようなお家になります^^

▼断熱材の設置が完了すると、その上に通気層を設けるための「通気胴縁」と呼ばれる木材を設置していきます

「通気胴縁」で壁の中の換気をよくして、カビを予防します✨

▼通気胴縁の上に「野地板」と呼ばれる屋根の下地板を貼っていきます

▼下から見るとこんな感じです!

今回はここまで
次回のレポートをお楽しみに✨

(Visited 4 times, 1 visits today)