久留米市田主丸 S様邸 現場レポート③ ~棟上げ~

今回は田主丸の現場をレポートさせていただきます✨

この日は棟上を行いました!
家のおおまかな枠組みが一日で建てられるので一番見ごたえのあるイベントです✨
10名ほどの大工さんが力を合わせて家を組み上げていきます!

▼棟上の準備として家の周りには足場が組まれています

▼基礎の上に土台を敷いていきます。

▼組みあがった土台の上に1階の柱を立てていきます

▼柱と梁を組んでいきます!
 大工同士、声を掛け合って協力しながら作業が進みます✨

▼柱を組みながら、耐力面材という耐震・耐久のためのボードを貼っていきます。

▼上から見るとこんな感じです!

▼2階の床を敷いていきます

▼2階の柱と梁を組んでいきます
 大工さんは慣れた手つきで柱を組み合わせてどんどん作業が進みます✨

▼屋根の一番高いところに取り付ける「棟木」が設置され、棟上げ完了です✨
棟木の設置をすると屋根の下地になる垂木を施工していきます。

▼屋根に断熱材であるキューワンボードを敷いていきます。
キューワンボードは断熱性・気密性に優れた断熱材です✨
屋根と壁をこのキューワンボードで覆っていきます。

▼隙間のがないように、丁寧に気密テープを貼っていきます

▼キューワンボードの上に、通気胴縁を施工していきます。
これで通気層を設けることによって、なかに空気の流れができるようになり、湿気の滞留を防ぎます!

この上から屋根の下地になる「野地板」を敷いていきます?

今回はここまで!
次回のレポートをお楽しみに✨

(Visited 3 times, 1 visits today)