福岡県久留米市現場レポート② ~土台敷き~

現場に行くと基礎のコンクリートが流し込まれて形が完成していました。
出来上がった基礎の上に、大工さんが土台敷の作業を行っています!

▼前回の配筋の上からコンクリートが流し込まれて基礎が出来上がっていました。

▼大工さんの手で棟上げの前段階である土台敷きという作業が行われます✨
コンクリートの上に住宅の下地となる材を並べていきます。住宅の床になる部分ですね。

▼こちらには24時間換気の機械が設置作業がされていました

▼換気用の分岐チャンバーです✨

換気の機械は床下に施工するので、棟上げの前には設置しておきます!
この機械を使って家中の換気を行っていきます。

▼着々と土台敷が進んでいます。

▼基礎の周りの白いボードは防蟻の効果のある断熱材です。

断熱材と基礎の小さな隙間にも防蟻効果のあるシーリング材を詰めてシロアリを寄せ付けません。
家全体をすっぽりと覆う外断熱の仕様ですので基礎の周りにも隙間なく断熱材を施工しています。

土台を敷いたら棟上げの材料を入れて準備は完了です✨

本日はここまで✨
次回は棟上げをご案内していきます!

(Visited 2 times, 1 visits today)