福岡県太宰府市石坂建売 現場レポート③

5月12日 (くもり・あめ)

ついにこの日は上棟でした。
家の柱をくみ上げて、立体的な家の形にしていきます!
総勢7名の大工さんとクレーン業者さんで施工をして頂きます。
この日の予報はお昼から雨とのことでしたので、
施工中に雨が降らないことを祈るばかりです…

▼雨の予報となっていたので、土台にはビニールが敷いてありました。
床下の湿気は特に避けなければならないので、
先にビニールを敷いて床下への雨の侵入を防ぎます。

▼すでに足場と柱の木材が届いていて、準備は万端です!

今からこれらの木材を組み上げてお家の大元の骨組みを作ります。
▼まずは大工さん・クレーン業者さんが手分けをしてそれぞれの柱を組み上げる場所まで運んでいます。

材料である柱にはそれぞれ家の中のどこのパーツであるのかが書かれていますので、
手分けして該当する場所へ先に移動させておきます。
ある程度振り分けが出来たら、ここから一気に組み合わせていきます。
▼柱や梁を組み合わせていくと、徐々に家の形が見えてきますよ!

▼ある程度の高さまで組み上げると、周りにシートを張っていきます。
建物が高くなると、施工中に出てしまったゴミが飛んで周りの住宅に
ご迷惑をお掛けしてしまう可能性も出てきますので、
用心のためシートで囲っています。

1階が終わったら2階でも同じ作業を行っていきます。
▼まずは足場を固めるところから。2階の床の下地を施工します。
2階も1階同様、大工さん・クレーン業者さんで息を合わせて柱を運びます。
▼大工さんたちの慣れた手つきでどんどんと家の形になっていきます。

午前中だけでここまで仕上がりました!
あとは順次屋根まで作り上げていきます。
また、大工さんたちが2階の作業中
現場監督の方ではこんな作業をおこなっておりました。
▼天気予報では雨でしたので、念のため先にビニールを巻いています。

これで雨に濡れるのを最小限にとどめます。
万が一雨に降られても後日に乾かす作業はかかしません!
▼着々と作業が進められ、屋根の方まで組みあがっています。

雨のため最後まで写真を撮ることができなかったのですが、
この日は最後に雨除けシートまで張り終わって作業は無事完了していました。
雨に降られてはいますが、外の外気を利用して本体は乾かされていきます。

それでは次回から細かい作業へと工程が移っていきます。
またの更新をお楽しみに!

(Visited 2 times, 1 visits today)