佐賀県嬉野市 現場レポート③

3月16日(はれ)

この日は建築中のお家の気密測定の日でした!
気密測定とは、お家の隙間がどれくらい小さいのか調査するためのものです。
スローライフの建設するお家は、気密性の高いお家なので、
外の影響を受けにくく、冬も少しの暖房であたたかく快適に過ごすことが出来ます!
それではさっそく気密測定へ…:✲:゚・

▼すべての窓、サッシ、玄関が取り付けれられて、気密測定の準備は万端です!

▼気密測定はお家の中で行われます。
今回測定をして下さるのは、
24時間換気の換気扇を販売しているマーベックスの青柳さんです!
宜しくお願いしますm(*-ω-)m
気密測定をはじめるにあたって、窓やドアをすべて締め切っておく必要があります。
その状態で、青柳さんの後ろの機械を使って
お家の中の気圧を下げて気密を測定していきます!
▼こんな機械を使って操作するんですね!

▼今回はお施主様ご夫婦で立ち会って頂きました。
とっても興味深そうに見て頂いてます(*´-`*)

一般的なお家の気密は「5.0」と言われています。
これは、床面積1㎡当たり5.0c㎡の隙間があります、という意味の数値になります。

そして今回スローライフが行った気密測定の結果は…!
0.2」でした。
床面積1㎡当たり 0.2c㎡の隙間ということになりますので、
一般的なお家の気密性能と比較してもなかなかの高気密です!
高気密でないとスローライフの提案する床下エアコンの機能が十分に働かないので、
気密に関してはかなり重要視して計画をしています☆

気密測定も無事に終わって一安心。
また次回から施工の写真を掲載していきます!

(Visited 4 times, 1 visits today)