アフター保証と住宅履歴情報

スローライフ住宅設計は、アフターメンテナンスが違います!

●充実した各種保証・保険制度
●定期的なメンテナンス訪問
●明確なアフターサービス基準
●住宅履歴情報の蓄積

地盤保証システム

ハウスワランティの
地盤保証システムは、

ハウスワランティの地盤保証システムは、建築基準法に準じた地盤調査の結果を 第三者であるハウスワランティが評価し、適切な基礎仕様をご提案すると共に、 不同沈下に対する責任を保証します

地盤保証システムの基本的な流れ

お施主様の財産を守るため、第三者的な立場で地盤業務をその責任まで含めて請負うことがハウスワランティの地盤保証システムです。

瑕疵担保責任保険

■保険制度とは

新築住宅に瑕疵があった場合に、修補等を行った住宅事業者に保険金が支払われる制度です。

■消費者を守るしくみ

●保険法人への保険金の直接請求
住宅事業者が倒産しているなど、修補等が行えない場合、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を請求することができます。(直接請求)
●指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理
請負人・売主と、発注者・買主との間で紛争が生じた場合、指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理手続き(あっせん、調停または仲裁)を利用することができます。

対象となる瑕疵担保責任保険の範囲
※瑕疵(かし)担保責任保険とは、引渡しを受けた新築住宅に、後日欠陥が見つかった場合に、その欠陥を補修するためにかかった費用を支払う保険です。

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

保険の仕組み

個々の住宅について保険契約を締結し、瑕疵により損害が発生した場合には保険金が支払われます

アフターサービス基準

スローライフ住宅設計の独自基準

※留意事項
① 本アフターサービス基準の始期(起算日)は、建物引渡しの日とする。
② 発生した不具合がこの基準に合致するか否かの判定及びその具体的な修補方法については、当社及び関連専門業者が、専門的な見地から総合的に判断したうえで、実施することとします。

※免責事項

保証期間内でも、次の場合は免責とさせていただきます。

① 天災地変その他不可抗力並びに買主又は所有者(使用者)の故意又は過失によるもの。

② 通常の住まい方と異なる使用・住まい方・取扱い・メンテナンスによらない場合、維持管理不十分に起因する場合。

③ 施主の支給による資材および設備機器または支給工事、ならびにこれに起因するもの。

④ 瑕疵によらない自然の磨耗・カビ・さび・変質・その他類似の事由によるもの。

⑤ 施主検査で申し出のなかった仕上げのキズ・汚れ等。

⑥ 交通・震動・塩害・公害等の周辺環境に起因するもの。

⑦ 無垢の木材又は自然素材の場合、空調機器等による室内空気の温度や湿度の変化に伴い生じる下記の変化。

(1) 室内の空気環境の変化に伴い、 構造材の表面に生じた細かいひび割れ。

(2) 室内の空気環境の変化に伴い、 無垢床材・壁材等に生じた、反り・むくり・すき間等。

(3) 自然木材の節が、乾燥によって生じた抜節。

注1:定期点検は、現場技術者によって定期点検チェックシートに基づき、約2時間程度かけて念入りに床下から小屋裏まで点検します。
注2:簡易点検は現場技術者もしくはそれ以外のスタッフによって、約30分程度の点検をします。
主に、お施主様より何か不都合がないか等のヒアリングとその確認です。また蟻道がないか、床下に異常がないか、換気装置に異常がないか等を点検します。何かあれば、速やかに現場技術者もしくは専門業者が対応します。

住宅履歴情報

住宅履歴情報とは、住宅の設計・施工、維持管理、権利及び資産に関する情報をいいます。住宅所有者が蓄積、活用していくためのもので、いつ、だれが、どのように新築や修繕、改修・リフォーム等を行ったかを記録した、住まいの「履歴書」になります。

■ 「あんしんいえかるて」とは

住宅所有者様の住宅履歴情報を、『履歴サポート事業者』が蓄積のお手伝いをします。 その情報を住宅あんしん保証がお預りし、長期間蓄積するサービスです。 「あんしんいえかるて」では、この住宅履歴情報を公益法人である(財)ベターリビングの住宅履歴専用サーバーを使用することで、セキュリティの高いより安全な管理を行っています。

(Visited 92 times, 1 visits today)