外断熱住宅の冷暖房と住み心地

外断熱住宅の冷暖房

外断熱住宅では、断熱層・気密層の内側にある構造木材や基礎コンクリート及び造作材から家具にいたるまで、建物をまるごと蓄熱体にしてしまいます。
蓄熱体からの輻射熱により、体に心地よく感じます。雪嵐の日に窓を全開して家の中の空気を全部入れ替えても寒く感じないのは、この輻射熱の影響です。
それに対して普通の家の冷暖房は、単に空気を冷やしたり暖めたりしているのみです。

外断熱住宅の冷暖房と住み心地

外断熱住宅は、最小のエネルギーで最大の冷暖房効果を引き出します。建物の規模・間取り・立地・住まい方にもよりますが、夏は2階のエアコン一つで、冬は1階のエアコン一つで、全館の冷暖房をまかなうことも可能です。
また外断熱住宅は、冷暖房器具を点けたり消したりして大きな負荷を一時的にかけるよりも、連続運転のほうが経済的な場合もあります。
夏は、空気の温度を下げるよりも湿度を下げる(水蒸気を減らす)ことが大事です。いい換えれば余計な水蒸気を室内に入れないことです。
冬は、石油ストーブなどの燃焼系の暖房器具は換気不足になるので、注意が必要です。

外断熱住宅の住み心地

  • ○室内の空気がいつもきれいでさわやかに感じる。
  • ○部屋の中の嫌なニオイが気にならない。
  • ○花粉症やアレルギーの症状が軽くなった。
  • ○まったく結露しないので衛生的で気持ちいい。
  • ○室内がジメジメしないのでダニが気にならない。
  • ○エアコンを24時間つけっ放しでも冷暖房費はすごく安い。
  • ○真夏でも2階やロフトルームは暑くならない。
  • ○床暖房はないのに真冬でも裸足で過ごせる。
  • ○一年中薄着で過ごせてよく体が動くようになった。
  • ○家中暖かいので夜中にトイレにいくのも苦にならない。
  • ○真冬でも脱衣所やお風呂が寒くないので苦にならない。
  • ○冬のエアコンの設定温度が低くても寒く感じない。
  • ○夏のエアコンの設定温度が高くても暑く感じない。
  • ○浴室や部屋内に干した洗濯物がよく乾く。
  • ○家具や桟の上などにホコリがたまらない。
  • ○汚れが目立たないので掃除をする時間と回数が減った。
  • ○浴室廻りや水廻りにほとんどカビが発生しない。
  • ○子供が部居間でよく遊びよく勉強するようになった。
  • ○ご主人の帰宅時間が早くなった。
  • ○コタツを利用しなくなった。
  • ○家のどこにいても家族の気配がわかる。