気密性能

『高気密の家なんか息苦しい!風通しが良い家でなければ…!』とよく言われます。
昔の日本家屋は“すき間”だらけでした。日本の住宅の窓が、アルミサッシに変わり始めたのが50年程前。その頃から合板やグラスウール断熱材などが普及し、住宅の中気密化が進行してきました。しかし換気については、最近までほとんど無視されていました。

気密性能
気密性能 そういった経緯もあって、2003年シックハウス法が施行され、換気装置の設置が義務付けられました。しかし、すき間だらけの家で換気装置を運転させても『ショートサーキット』をおこし、汚れた空気を滞留させてしまいます。換気をうまく機能させるには、すき間をなくし(高気密の家)、空気の入るところと、出るところを明確にし、空気の道をつくることです。

『せめて家の中だけでもいい空気環境で過ごしたい!』

昔の暑い夏は打ち水をすることで涼を求めることができましたが、最近では地球温暖化やヒートアイランド現象、車の排気ガスやエアコンの室外機等の影響で、特に都市部の夏の環境が悪化しています。窓を開けることもできません。
比較的季節の良い春でも、花粉・黄砂・PM2.5などが飛来してきます。
それに対処するには、窓を閉めたままでも快適に過ごせる家に…!それこそ高気密・高断熱の外断熱住宅です。決して勘違いしないでください。風通しが良い家を否定しているのではありません。季節の良い時は、窓を思いっきり開けて生活してください。ただ、寒い時、暑い時、湿気の多い時、花粉・黄砂・PM2.5が飛来している時は、窓を閉めて換気装置やエアコンの力を借りて、室内を快適な環境にすることが現実的ではないでしょうか…!

  • 気密の目的を整理してみます!
  • 1. 計画的な換気計画を行う
    2. 隙間風を防止する
    3. 冷気・暖気を逃がさず断熱性を維持
  • 4. 湿気をシャットアウトし結露を防ぐ
    5. 防音効果を高める
    6. 花粉やホコリを室内に入れない
※気密性能は機械によって測定し、相当隙間面積 “C値”で表します。
(実質床面積1㎡あたりに、隙間がどれほどあるかを表す数値です)
[C値:cm2/m2] = [建物の隙間の総面積:cm2] ÷ [実質延べ床面積]
※数値が小さいほど、気密性能が高いことになります。
  • 例)実質延べ床面積150㎡の家
  • ●C値=2.0の場合 ⇒ 家全体の隙間は 300cm2
  • ●C値=1.0の場合 ⇒ 家全体の隙間は 150cm2
  • ●C値=0.7の場合 ⇒ 家全体の隙間は 105cm2
  • ●C値=0.4の場合 ⇒ 家全体の隙間は  60 cm2
  • ●C値=0.1の場合 ⇒ 家全体の隙間は  15 cm2
  • ※スローライフ住宅設計では、C値=0.7以下を基準としています。
※気密性能と給気口の関係
気密性能
●C値=5の場合
家全体の排気量が100㎥ ← 給気口から入る空気量は全体で15㎥(15%)
●C値=1の場合
家全体の排気量が100㎥ ← 給気口から入る空気量は全体で50㎥(50%)
●C値=0の場合(※理想の換気ですが、実際はあり得ません)
家全体の排気量が100㎥ ← 給気口から入る空気量は全体で100㎥(100%)
気密性能 ●第三者の気密測定士が、気密断熱工事が完了後に気密検査を行います。気密測定では、同時に隙間の『バラツキ』も測定します。大きな隙間があるところは、そこが大きな弱点となり結露発生のリスクが高まります。
気密性能 気密性能

※気密測定は、気密断熱工事の完了後、給気口や電気配線の貫通部等の開口を簡易発泡ウレタンや気密テープ補修を完了させた状態で実施するのが望ましい。しかし、エアコンは建物完成後に取付ける場合が多いので、スリーブの開口部分の気密補修は特に注意が必要です。

※開口のウレタン・気密テープでの補修
  • 気密性能
  • 気密性能
  • 気密性能
  • 気密性能
  • 気密性能