開口部の性能

窓からの熱の移動が一番大きい…、だから窓にもこだわりたい…!
開口部の性能
開口部の性能
開口部の性能
日本では熱伝導率が非常に高いアルミサッシが普及してきました。家の内外とで熱が移動しやすいので、特に冬の結露には悩まされてきました。ペアガラスにすると、ガラス部分での結露は少なくなりますが、サッシ枠部分で結露していました。

窓は高性能樹脂サッシをお勧めします!

開口部の性能

※アルミサッシと樹脂サッシの熱伝導率には、約1,000倍もの差があります。

※欧米では樹脂サッシが一般的
開口部の性能
開口部の性能
  • 開口部の性能
  • 開口部の性能
  • ガラスの性能も重要です。ペアガラスはあたりまえです。
    夏対策が必要な北部九州では、『Low-E遮熱高断熱複層ガラス』をお勧めします。

  • 開口部の性能
  • 開口部の性能
  • 開口部の性能
  • 開口部の性能
  • 開口部の性能
  • 開口部の性能
  • 開口部の性能
  • 開口部の性能

開口部に求められる性能は、断熱性能以外にも、気密性能・水密性能・耐風性能・遮音性能・防犯性能などがあります。これらについても『エクセルシャノン』の樹脂サッシは高い性能を持っています。