24時間計画換気

建築基準法では、24時間換気設備の設置が義務付けられています。原則として、換気回数0.5回/h以上の換気が必要とされています。いいかえれば、2時間に1回、部屋の空気を入れ替えることです。
24時間計画換気
建築基準法の24時間換気は、シックハウス対策(ホルムアルデヒドの排出)のためなので、本来の換気の目的とは少し違います。ここで本来の換気の目的を整理してみます。
24時間計画換気

※住まいの換気の本来の目的

  • ①一酸化炭素・二酸化炭素や有害物質を除去する。
  • ②臭いや水蒸気(湿気)を除去する。
  • ③結露を防いで、カビやダニの発生を抑制する。
  • ④汚染空気をひとところに滞留させない。
  • ⑤夏の熱気や熱溜りを解消させる。
  • ⑥ほこりや粉塵を室外に排出する。
  • ⑦衛生的で快適な室内環境を確保する。
24時間計画換気
24時間計画換気

※換気方式の種類

  • ●第一種換気   機械給気・機械排気 ※熱交換型換気システムはこの方式が一般的です。
  • ●第二種換気   機械給気・自然排気 ※無菌室やクリーンルームなどに利用されます。
  • ●第三種換気   自然給気・機械排気 ※住宅では、最も一般的な換気方法です。
  • ●第四種換気   自然給気・自然排気 ※室内外の温度差や風がない場合は換気しません。
※熱交換型換気システムには主に次の二種類があります。
  • 〇顕熱交換型   室外へ排気する空気から熱のみを回収、水蒸気(湿気)は排気する。
  • 〇全熱交換型   室外へ排気する空気から熱のみでなく、水蒸気(湿気)も回収する。
※第三種換気の換気方法には主に次の二種類があります。
  • 〇局所排気型   壁や天井から直接排気するパイプファン換気扇が一般的です。
  • 〇セントラル型  数本のダクトを這わせて主装置よりまとめて排気する方法です。
24時間計画換気

※熱交換型第一種換気のメリット・デメリット

  • 〇熱交換された空気は冬暖かく、夏はひんやりしている。
  • 〇エネルギーが循環(熱交換率70%~)するので省エネ効果が期待できる。
  • 〇熱交換率を維持するためには、まめなメンテナンスが必要。
  • 〇新鮮空気の取入れ口及びフィルターまでのダクト内の汚染。
  • 〇熱交換器やダクト内の結露や汚染空気の再リターンの問題。
  • 〇イニシャルコストは最も高い。
  • 〇顕熱交換型では、特に冬季の過乾燥の問題。
  • 〇全熱交換型では、臭気まで交換することがある。
24時間計画換気

※局所排気型(パイプファン式)第三種換気

  • 〇外の風の影響を受け換気量が不安定。逆流することもある。
  • 〇室内レンジフードの影響を受け換気量が不安定。
  • 〇気密レベルが高くなると換気量が落ちる。
  • 〇ファンが数個必要になるので換気のバランスが難しい。
  • 〇メンテンナンスの必要がほとんどない。
  • 〇イニシャルコストは最も安い。
24時間計画換気

※セントラル型(ダクト式)第三種換気

  • 〇外の風や室内レンジフードの影響は受けない。
  • 〇気密レベルが高くないと計画的な換気が期待できない。
  • 〇多少のメンテナンスは必要となる。
  • 〇イニシャルコストは、ダクト工事が必要なので少し高い。
  • 〇ランニングコストは、直流タイプであれば安い。
24時間計画換気
24時間計画換気

※高気密高断熱工法(外断熱工法)におすすめの換気方法

高気密の家でないと、換気の本来の目的を果たすことはできません。

24時間計画換気
隙間だらけの家だと、換気扇廻りの空気のみが排気され(ショートサーキット)、汚れた・湿気た空気が滞留します。気密をしっかりとって、新鮮空気が入るところと、汚染空気が出るところを明確にし、家の中に空気の道をつくり、計画的な換気を実現させ、室内空気を常に新鮮に保ちます。多種多様な換気装置がありますが、それぞれ長所・欠点があります。また、換気経路の計画においても、臭いが居室に廻らないようにするなどの注意が必要です。高気密高断熱住宅の場合、一般的にはセントラル型(ダクト式)第三種換気が適していますが、いろいろな条件により他の換気方法が良い場合もあります。

24時間計画換気
24時間計画換気

※花粉・黄砂・PM2.5対策

給気口のフィルターの性能によって、花粉やPM2.5の捕集効率が変わります。一般的に捕集効率が良いものほど価格は高くなり、また目詰まりしやすいので清掃をまめにしなければなりません。花粉はほぼ100%、PM2.5(1μm粒子)は70~80%の高い捕集効率のフィルターが発売されていますが、これは静電気の力で微細な粒子を捕集するため、水洗いはできません。一般地域では、約2年に一度の交換が必要となります。高気密住宅では、新鮮空気のほとんどが給気口より入ってくるので、効果は期待できます。どのフィルターを採用するかは、喘息等の気管支が弱いお子様がいるかどうか…、またコストも考えて慎重に選択してください。
※究極のPM2.5対策
PM2.5の0.3μm微粒子をほぼ95%以上除去できる電子式集塵フィルタが発売されました。
深刻な気管支喘息・気管支炎やアトピー等の方には、是非おすすめします。
詳しくは、お尋ねください。
24時間計画換気

※換気種類や換気装置の選択及び換気設計のポイント

  • 〇住まわれる方の家族構成や住まい方…!
  • 〇高齢者や障害者、喘息・花粉症などの家族は…!
  • 〇イニシャルコストとランニングコストは…!
  • 〇建設地の周囲の環境、交通量は…!
  • 〇仏壇等があり、線香をたくことが多い…!
  • 〇ペットがいる場合、ペットの飼い方は…!
  • 〇焼肉や作業などで、臭いや水蒸気が発生…!
  • 〇洗濯物を室内干しする場合、どこに…!
住む人によって適した換気種類や換気装置は異なります。また、給気口の位置や排気口の位置及び換気経路の設計手法も変わってきます。これを間違えると、いい家も住み心地の悪い家になりかねません。