「 建築士の思いつき 」 一覧

坪単価

2019/11/26   -建築士の思いつき

家の本体価格を家の坪数で割れば、坪単価を計算することが出来ます。 ということは、家の本体価格が小さくなったり、家の坪数が大きくなれば、坪単価を小さく見せることが出来ます。 家の本体価格の中にカーテンや …

全館空調

2019/11/15   -建築士の思いつき

一般の住宅は間欠空調が用いられています。 間欠空調はエアコンの停止状態から再運転する際の消費電力が大きくなります。 さらに各居室でエアコンを稼働させるので、稼働させる台数分電力を消費するので、夏場や冬 …

火災保険

2019/10/29   -建築士の思いつき

今回の台風19号の被害により、60人超の方が亡くなられたそうです。 ご冥福をお祈り申し上げます。 台風が多い日本列島において水災被害はどこにでもあり得る問題です。 台風でなくても『ゲリラ豪雨』が多発す …

サッシ

2019/10/07   -建築士の思いつき

サッシには色々な種類のものがあります。 オールアルミ製、外側アルミ製・内側樹脂製の半樹脂製、オール樹脂製等。 後者になるほど、断熱性が良くなります。 また、ガラスもシングル、ダブル、トリプルとあり、ス …

壁直下率

2019/09/10   -建築士の思いつき

木は基本的に軸力に強く、せん断力に弱い性質を持っています。 なので柱より、梁の方が太くなります。 1階と2階の壁が揃っていると、梁に掛かる負担も減って、梁せいが小さくなります。 当然コストも安くなりま …

プランニングの前に

2019/08/30   -建築士の思いつき

住宅のプランニングについて、こうしなければならないというものは全くありません。 既成概念を取り払うことも大事です。 例えば、必ずしも玄関や玄関ホールを設ける必要もありません。 玄関扉を開けたらリビング …

間崩れ

2019/08/09   -建築士の思いつき

木造住宅は一般的に柱が基準となる寸法(モジュール)に則って設計していきます。 例えばモジュールが910mmの時に、1820mm間隔に立つ柱を一部1500mmにしたり、2000mmにしたりすることを間崩 …

屋根の形

2019/07/23   -建築士の思いつき

屋根には寄棟、切妻、片流れ、招き屋根等の形状があります。 太陽光発電の普及により、切妻、片流れ等が多くなっています。 外観の雰囲気にも依りますが、切妻や片流れでシンプルに架構する方が雨漏れの心配も少な …

構造計画

2019/07/02   -建築士の思いつき

木造住宅の構造計画には許容応力度計算と壁量計算があります。 許容応力度計算とは、建物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重や短期荷重を想定して応力を算出し、それぞれ部材にかかる応力に耐えられ …

設計者として

2019/06/17   -建築士の思いつき

お客様から直接ヒアリングをして図面を作成する場合は問題ないのですが、お客様が要望をメモ書きにして渡されたりすると、困る場合が多いです。 いくつかの要望項目を見て図面をつくっても、何となく伝えたことは入 …

現場リポート

現場レポート

なるみのブログ

なるみのブログ

なるみのブログの最新記事

記事を検索

会社案内