佐賀県鳥栖市 現場レポート

佐賀県鳥栖市 現場レポート④ ~木工事~

投稿日:

棟上げが終わって、2週間もすると家の形がはっきりと見えるようになってきました。
外観は銀色の断熱材(キューワンボード)ですっぽりと覆われています。
▼家全体がこの銀色のボードで囲われています。

ボードをつなぐためのテープも、気密性の高い丈夫なテープで施工しています。
大工さんの手によって隙間なくきれいに施工が進みます。

▼柱の間も気密テープで家の隙間をきれいに塞いでいます!

一か所一か所丁寧に大工さんに塞いでいただきます。
この作業で次回の気密測定の結果が大きく変わってきます✨

▼家の中には大工さんの作業スペースや、これから使用予定の木材が置かれています。

柱の間に入っている木材が「筋交い」です!
筋交いは、家の柱が横方向に傾くのを防ぐ重要な柱です。

▼筋交いをしっかり留めるために、専用のプレートで補強します。

▼天井を見上げると、断熱材で覆われています。

前回上棟で貼っていた屋根の断熱材です^^
下から見ても隙間なくきれいに施工されていますね!

▼外へつながる配管は、管と基礎の間をウレタンでふさいでいます。

家の隙間がなくなるよう、最善を尽くします!

▼こちらは床下の様子です。

太い銀の管が換気用のダクト、
赤と水色の配管は水道の管です。
床を張ってしまうまでにこれらの準備もしておきます✨

本日はここまで!
またの更新をお楽しみに✨

-佐賀県鳥栖市, 現場レポート

執筆者:

会社案内