現場レポート 福岡県筑紫野市

筑紫野市 現場レポート③ ~棟上げ~

投稿日:

基礎が終わり、ついに棟上げを行っていきます。

まずは建物の四方のお清めから始まります。
棟梁さん達の手でお神酒・お塩をかけていきます。


四方のお清めが終わると、作業にあたる全員で工事の安全を祈念してお神酒で乾杯です!

上棟作業は土台に柱を建てるところから始まります。
まずは、1階の柱を立てていきます!

次に柱と柱をつなぐ梁をかけていきます

高い場所になりますが、大工さんは慣れた手つきで柱を組み合わせていきます✨
1階天井までの梁が終わると、次は2階の作業に取り掛かっていきます

2階の作業に入る際、周りの家に棟上げの材料が落ちないように、四方をネットで覆います。

ひとつひとつ、木材に記載された数字と照らし合わせながら柱を組み上げていきます。

1階、2階の柱・梁が終わると屋根に取り掛かります
この屋根の一番高いところの木が「棟木」と呼ばれており、
この木を設置すると「上棟した」事になります
▼この一番高い位置にある木が「棟木」です!

棟木まで設置が終わると「垂木」を施工していきます。
棟木と直角に施工されている木材が垂木です。

▼午前中の作業はここまで!
お施主様と大工さんとでお弁当を頂きました✨

ありがとうございました!

垂木の設置が終わり、
外断熱材「キューワンボード」を上から被せていきます。

この銀色のボードが断熱材です。屋根に敷き詰めていく過程で隙間のないように、
丁寧に「気密テープ」を貼っていきます。
断熱材の設置が完了すると、その上に通気層を設けるための
「通気胴縁」と呼ばれる木材を設置していきます

この通気胴縁の上に「野地板」と呼ばれる屋根の下地板を貼っていきます。
▼野地板が貼られた後はこのようになります。断熱材がすっぽりと覆われました。

最後に防水シートを敷いて本日の作業はここまでです!

雨じまいも終わり、本日の作業は終わりです。

上棟、おめでとうございます✨

-現場レポート, 福岡県筑紫野市

執筆者:

会社案内